キャバ嬢の必須七ヶ条

アゲ嬢目指した私がキャバクラで働いた理由

私は、アゲ嬢として有名になって自分のブランドとか作れるモデルになりたいんです!

キャバクラで働くきっかけは、アゲ嬢モデルになるための登竜門的な感覚があったからです。

メイクして、ヘアメで盛り盛りにして、目立って、人脈作ってとかいろいろ人生構成をしてました。

実際にキャバクラで働いてみたら、メイクや髪型は、なんとか雰囲気のあるキャバ嬢に仕上げられました。

でも、接客は....そう簡単にはいきませんでしたね(笑)。

私、正確がはがさつな方なので、細かな気配りができなかったんです。

最初はめっちゃ怒られましたw

でも、お店の人たちや女の子たちに助けられながら、少しずつ接客について勉強していきました。

最初は大変だったんですけど、慣れたら、自然に体が動くようになって、接客が楽しくて、自分に向いているなーと思うようになりました。

だって、お客さんが喜んでくれたら楽しいじゃないですか。

だから、私はどんどん接客のテクニックを磨いて、お客さんに喜んでもらえるように頑張りました。

そして、お客さんに喜んでもらえるようになると、自然と指名も増えてきました。

ずっと、指名とかってどうやって取るんだろうと思っていたけど、お客さんに喜んでもらえることをすればいいんだって気がつきました。

キャバクラの仕事は、奥が深いなって思います。

キャバ嬢としてまだまだ勉強中ですが、これからも頑張って、お客さんに喜んでもらいたいです。